Madre Tresa, 110min. 下記フォームにペンネーム、評価、感想をご記入の上「投稿を確認する」ボタンを押してください。 マザー・テレサを見たユーザーからの映画の感想・レビュー・評判などクチコミ情報を掲載しています。映画鑑賞の前にぜひチェック! 今見る映画検索. マザー・テレサからの手紙。x_x1020yamさんの映画レビュー(感想・評価)。評価5.0。みんなの映画を見た感想・評価を投稿 オリジナルでは主人公の2人は再会を約束して離れ離れになるが、 俳優「マザー・テレサ」が携わった映画3作品を紹介。「マザー・テレサの遺言(2010年1月16日(土)公開)」の出演。「マザー・テレサと生きる(2010年1月16日(土)公開)」の出演。 マザー・テレサ(2003)の映画情報。評価レビュー 134件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:オリヴィア・ハッセー 他。 人々に愛と希望を与え続けたマザー・テレサの真実の姿を描いた人間ドラマ。監督はイタリアで数々の作品を手がけているファブリツィオ・コスタ。 } > technology. マザー・テレサの映画レビューを投稿する 滅私奉公 (投稿日:2008年11月14日) ここまで自分を自分以外の人間に捧げることができる人がいた・・・ということを知ることができたように思う。 映画『マザー・テレサからの手紙(LETTERS FROM MOTHER TERESA)』とは?, 『「つながり」の創りかた 新時代の収益化戦略 リカーリングモデル』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ, 『きみがぼくを見つけた日(The Time Traveler’s Wife)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ. あらすじ. マザー・テレサの映画レビューを投稿する . チャマ/ エア・バディ/ダンクを決めろ! (1997) ホーギー/ シンデレラマン (2005) 咲太郎/ タイヨウのうた (2006) pu-ko/ げすとぶっく 【32】 くみょん/ げすとぶっく 【32】 月の明かりはとっても綺麗よ、Kaz./ げすとぶっく 【32】 にげら/ げすとぶっく 【32】 むじな/ 着信アリFinal (2006) マザー・テレサ(2005年8月13日公開)の映画情報、予告編を紹介。インドを舞台に、人々に無償の愛を注いだマザー・テレサの波乱の生涯を描く伝記ドラマ。「ロミオとジュリエ… 出演 オリビア・ハッセー セバスチャーノ・ソマ ミハエル・メンドル ラウラ・モランテ イングリッド・ルビオ. 詳細をみる コメント 0 件をすべて表示. マザー・テレサと生きる 感想・レビュー投稿. 途中で「マザー・テレサも宗教だな」と感じたんですが、これがもしかしたら一番端的に“この映画”を表した感想かもしれないですね。自分たちのような人間ではなく、神に近い存在として描かれているような。 ただただ記録として観た映画の感想を綴る場です。 ブログトップ; 記事一覧; 画像一覧; マザーテレサからの手紙 . マザーテレサ. ファースト・シーンから、これは生き写しか? と思えるほどのオリビア・ハッセー演じるマザー・テレサに驚く。特殊メイクを施したとはいえ、これは本物なのでは? と目を疑ってしまうほどだった。 マザー・テレサ役にオリビア・ハッセーを起用したことは奇跡にも近いほどのベスト・キャスティングだっただろう。 監督であるファブリッツィ… チャマ/ エア・バディ/ダンクを決めろ! (1997) ホーギー/ シンデレラマン (2005) 咲太郎/ タイヨウのうた (2006) pu-ko/ げすとぶっく 【32】 くみょん/ げすとぶっく 【32】 月の明かりはとっても綺麗よ、Kaz./ げすとぶっく 【32】 にげら/ げすとぶっく 【32】 むじな/ 着信アリFinal (2006) ミルディス/ 銀色の髪のアギト (2005) かぼちゃ/ 時をかける少女 (2006) 「マザー・テレサ映画祭」への感想・オススメ文・期待コメント 映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。 マザーテレサとシスターからの視線が主にとらえられていた もう少し一般の貧困層の意見もききたかった ドキュメントだったので... ay_***** さん 2008年5月15日 10時38分; 役立ち度 1 先ほど マザーテレサからの手紙 を観ました。 マザーテレサの半生を綴った伝記映画です。 彼女の名言などは知っていましたが. 20年近く続けた教師生活に別れを告げ、単身スラム街で働き始めたところから始まった彼女の活動は、多くの人の感動を誘います。, 彼女の平和への貢献度は誰の目にも著しく、ノーベル平和賞を始め、多くの賞が贈られました。, テレサの死から数十年経った今もなお、世界123ヵ国に広がった施設でのボランティアに参加する人は多く、彼女は利他の精神を後世に渡って幅広く伝えたといえます。, 他人のために働きたい…という気持ちをもつ人たちのなかで、どうして彼女が特別だったのでしょうか。, 1910年(1歳)東ヨーロッパのコソボ州・ユスキュブにて、この地区では珍しい敬虔なキリスト教徒の両親の間に生まれる。, 1928年(18歳)故郷のユスキュブを離れ、アイルランドにてロレト修道女会に入会。ダブリンで修道女としての基礎教育を受ける。, 1931年(21歳) インドの地に渡り、カルカッタの「聖マリア高等学校」の教師となる。またダージリンにて修道女としての初誓願を行う。このとき修道名を「テレサ」とした。, 1937年(27歳)終生誓願を行い、生涯修道女として過ごすことを誓う。このときから「シスター・テレサ」と呼ばれるようになる。, 1946年(36歳)ダージリンに向かう列車のなかで「もっとも貧しい人のために働きなさい」という神からのお告げを受ける。, 1948年(38歳)ロレト修道会を退会、学校も辞職してカルカッタのスラム街に移り住み、貧しい子供たちのために教室を開くようになる。, 1950年(40歳)教え子たちがボランティアに集まったことや、地域の後押しもあり、テレサが創設した修道会「神の愛の宣教者会」がカルカッタ教区に認可される。この頃から「マザー・テレサ」と呼ばれるように。, 1952年(42歳)ヒンドゥー教の廃寺院を国から譲り受け、修道会の最初のホスピス「死を待つ人々の家」を設立する。, 1965年(55歳)インド全土に修道会の活動が広がったことで教皇により、国外活動の許可が下り、以降世界規模の活動を展開していく。, 1971年(61歳)ヨハネ23世教皇平和賞・ケネディー賞を受賞。その後も平和貢献の証として数々の賞を受賞していく。, 1993年(83歳)骨にひびが入る怪我、マラリアの感染など、健康を著しく害する。この年に心臓病の手術も受けている。, 1997年(87歳)愛の神の宣教者会の総長を辞任。同年、カルカッタのマザー・ハウスにて息を引き取る。, そこから約17年間に渡り、カルカッタの聖マリア女学院にて、上流階級の女学生の教育を行いました。, マザー・テレサの生涯のなかでもっとも大きな出来事といえば、彼女が聖マリア高等学校での教師生活を捨て、単身スラム街で働き始めたことでしょう。, テレサはどうして、慣れ親しんだ生活を捨ててまで、貧しい人たちへの奉仕に身を投じようと思ったのでしょうか。, 当時のインドはイギリスからの独立の影響で、国内のヒンドゥー教徒とイスラム教徒の対立が激化しており、特に混乱を極めた時代にあったのです。, もともと同じ国であったはずのインドとパキスタンは宗教の違いから分断され、領地を巡って印パ戦争が勃発。, 宗教間の対立に反対していたマハトマ・ガンジーも暗殺されるなど、この時代には衝撃的な出来事が立て続けに起こっています。, 死傷者の数も数百万人と多く、その時代背景はテレサの背中を押すには十分なものだったのでしょう。, もっともインドへ移り住むことは彼女自身が選んだわけですから、テレサが自身の意志で混乱の中に身を置くことを選んだといえます。, 1948年から始まったテレサの奉仕活動は、彼女の没年である1997年まで、約49年間に及び、止まることはありませんでした。, 神の愛の宣教者会の設立から、インド全土への広がりを経て、団体が世界へ広がっていく様子から、当初の活動の著しさは見て取れますが、何よりテレサの凄みを感じさせるのは、彼女の晩年の振る舞いにあります。, テレサは70歳を超えた頃から心臓病を患い、ペースメーカーの取り付け手術を行うなど、この頃の状態はとても健康とは言い難いものでした。, 彼女が修道会の総長職の辞任を申し出たのが1990年、ちょうど80歳の頃の話ですから、テレサは好ましくない健康状態の中、10年近くも弱音を吐かずに働き続けていたことになります。, テレサの元で働くシスターたちは、彼女以外に修道会の総長が務まる人物はいないと考え、辞任したテレサを総長の座に引き戻しました。, 修道会が世界へと広がっていく過程のテレサは、それは若さと活力に満ち溢れていますから、事を起こすパワーも十分にもっていたことでしょう。, しかし自らが弱っているときに、他人を想って働くというのは、やはり並大抵の人ができることではありません。, キリスト教カトリックの修道女会では、総長職についた人のことを「マザー」と呼ぶのが通例です。, しかし2代目総長のニルマラは、テレサから総長の座を受け継いで以降生涯、マザーを名乗ることはありませんでした。, この意志は3代目総長のシスター・メアリーにも受け継がれ、彼女もまた、総長にしてシスターを名乗り続けています。, しかし後継者がマザーを名乗らない風習を守り続けているのは、そういった偉業だけでなく、彼女たちがテレサのことを心底慕っていたからではないでしょうか。, テレサの利他の精神は、貧しい人たちだけでなく、共に働く仲間に対しても…いえ、きっと万人に対するものだったのでしょう。, インドを巡る時代背景に突き動かされ、その後自身が没するまで50年近くに渡って行われたマザー・テレサの奉仕活動。, 何よりテレサが総長であり続けることを望む、自身が後継者となっても、「マザー」を名乗ることを拒むなどのシスターたちの振る舞いが、修道会におけるテレサの在り方を物語っています。, 世界中の人々を巻き込んでの奉仕活動は、やはりその人となりをもってしか、成し得ないことだったのではないでしょうか。, ① テレサが過ごした時代のインドは宗教間の対立で混乱を極めていた。その時代背景が彼女を後押ししたのでは…, ③ 「マザー」の名はマザー・テレサにのみ、ふさわしいとされ、後継者たちはシスターを名乗り続けている, マザー・テレサの献身的な姿は、彼女の後継者たちによって…そして彼女に感銘を受けた世界中の人々によって、末永く受け継がれていくことでしょう。, 関連記事 >>>> 「マザー・テレサの「死を待つ人々の家」が作られた背景…活動内容は?」. マザー・テレサの名言. 偉人マザー・テレサの業績を勉強し、高校生の頃の三十郎氏の心を鷲掴みにしたジュリエットが綺麗に老いた姿を確認する。 。それだけで十分のはずだっ 私が小学生の時、はじめての読書感想文をマザー・テレサの本で書いた。それ以来、もう一度マザー・テレサ関連の本を読んでみたいなーと思っていたので、中古屋で購入。 彼女の生き方に改めて感銘をうけた。 1. 本と映画の感想を書いています。気軽に遊びにきてくださいね。 ブログトップ; 記事一覧; 画像一覧; マザーテレサ. マザー・テレサ(Mother Teresa, 1910年 8月26日 - 1997年 9月5日)、あるいはコルカタの聖テレサ(Saint Teresa of Calcutta)は、カトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。 またカトリック教会の聖人である。 本名はアルーマニア語でアグネサ/アンティゴナ・ゴンジャ・ボヤ … 母性は女性を狂わせる。 母に捨てられた女性教師と、虐待され傷ついた幼い子供―ふたりの悲しき逃避行が始まる。 現代に生きるすべての女性に捧ぐ、衝撃の社会派サスペンス。. マザー・テレサからの手紙。x_x1020yamさんの映画レビュー(感想・評価)。評価5.0。みんなの映画を見た感想・評価を投稿 マザー・テレサ 感想・レビュー投稿. 映画の時間では「マザー・テレサ」を見た感想・評価などレビューを募集しています。. 映画の時間では「マザー・テレサの遺言」を見た感想・評価などレビューを募集しています。. マザー・テレサ 感想・レビュー投稿. 映画「マザー・テレサ」のあらすじと結末をネタバレ解説。動画やキャスト紹介、レビューや感想も掲載。ストーリーのラストまで簡単解説します。, マザー・テレサの紹介:2003年イタリア,イギリス映画。慈愛の人マザー・テレサ。 マザー・テレサ. 2005年8月13日(土)公開. マザーテレサは偉大な人です。それがよく伝わって来ました。 とくに、「神様が望めば叶う。望まなければ叶わない」といったセリフは、とても印象に残りました。 映画としては、音楽も悪くはなかったし、演出もそれらしい雰囲気ができていたと思います。 監督:ファブリツィオ・コスタ 出演:オリビア・ハッセー、セバスチャーノ・ソマ ★. マザー・テレサの概要:貧しい人々を救いたいという慈善の精神を貫き、カルカッタのスラムで活動を始めた修道女マザー・テレサの半生を描いた伝記映画。イギリスの女優オリヴィア・ハッセーが36歳から晩年までのマザー・テレサを演じている。 映画の時間では「マザー・テレサ」を見た感想・評価などレビューを募集しています。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 歴史上の人物.com.All Rights Reserved. マザーテレサは有名な偉人ですが、知っているようで良く知りませんでした。会社にあったマザーテレサについての本を読んでみたのがきっかけだったかもしれません。 ... 映画 マザーテレサ 感想. マザー・テレサの名言. 3. マザー・テレサに対する批判(マザー・テレサにたいするひはん)では、カトリック教会の修道女であり伝道師 であったマザー・テレサに対する批判を扱う。. マザーテレサについて マザーテレサとは、名前だけは知っていても、どんな人でどんな活動をしていた人なのかということまでは分からないという人が多いのではないでしょうか。 マザーテレサには生涯を通して取り組んだ活動や名言、心を揺さぶる言葉などが数多く存在します。 マザーテレサは有名な偉人ですが、知っているようで良く知りませんでした。会社にあったマザーテレサについての本を読んでみたのがきっかけだったかもしれません。【マザ… 映画 マザーテレサ 感想 | clearheart-1のブログ. 映画『マザー・テレサからの手紙(LETTERS FROM MOTHER TERESA)』とは、実在する人物、ノーベル平和賞を受賞したマザー・テレサをモデルにした伝記ドラマです。実際にマザー・テレサから送られた手紙をもとに半生を描いており、真実味のある内容が魅力の作品となっています。ミラビル ディクテュ国際カトリック映画祭やセドナ国際映画祭2014で賞を受賞している感動的な映画作品です。, 映画『マザー・テレサからの手紙(LETTERS FROM MOTHER TERESA)』は、1946年から物語は始まります。インドのカルカッタ(コルカタ)のロレット修道女会でシスターをしていたマザー・テレサは、ロレット修道女会では、インドの女学生たちに授業をしている一人のシスターでした。, ロレット修道女会では、外に出たり、外で布教活動をするなどは許可なくできず、窓からイギリスの植民地から独立したばかりの混沌としたインドの人々を眺めては貧困や病気、飢餓などに心を苦しめていました。, 時折、食堂、キッチンから食べ物を持ち出して分け与えることしかできない自分に心を痛め、また列車に乗っている時に神からの啓示を受けて、ロレット修道女会に所属しながら、許可をもらい、外での活動を始めたのです。, まずはスラム街で、子どもたちに路上で文字や言葉を教えることからはじめ、ヒンドゥー教の市井の人々の反発を受けながら、ひたむきな活動、慈愛に満ちた活動で、少しずつ軟化して協力的になっていくのでした。, 映画『マザー・テレサからの手紙(LETTERS FROM MOTHER TERESA)』の真骨頂は、中盤です。スラム街で路上教室(青空教室)を始めて、看護師としての学びを得たことで、自分の役割をはっきりと認識。さらに、昔の生徒たちが強力してくれたり、難産の母親を救ったことで、反発していたインドの村の人々も協力的になっていき、しかし縛りのあるロレット修道女会ではできることが限られ、退会ののち、自分で修道会「神の愛の宣教者会」を設立。, そして、死にゆく間際の人々を安らかに看取れるように、ヒンドゥー教寺院を使ってホスピタルの設立と、精力的に活動の幅が広がっていくのです。, しかし、終盤にかけては、ロンドンのラジオ記者が取材に来たり、目まぐるしく展開しいつしか世界で話題の人物へ。そしてノーベル平和賞を受賞と駆け足で物語が進んでいくため、本映画のタイトルにもなっている、手紙の部分(マザー・テレサの内面)が出されることはなく、葛藤が見えづらいのが勿体無い作品でした。, 名前だけは有名で、知っている方も多いはず。しかし実際の活動や個人については知らない人もいるはずです。もともとはアルバニア出身でアグネサ/アンティゴナ・ゴンジャ・ボヤジというのが本名でした。, 18歳でロレット修道女会に入会、アイルランドのタブリンを得て、インドのコルカタの聖マリア学院に移り、長きに渡り活動をしていました。, そして、数々の平和賞を受賞するまでに至ったのです。1962年にマグサイサイ賞平和・国際理解部門、1971年にヨハネ23世教皇平和賞、1972年にジョン・F・ケネディ賞、1973年にテンプルトン賞、1975年にアルベルト・シュバイツアー賞、1979年にノーベル平和賞、1980年にバーラ・ラトナ賞、1983年に優秀修道会賞、1985年に大統領自由勲章、1992年にガウデイム・エト・スペス賞、1996年にアメリカ合衆国名誉市民、1997年に議会名誉黄金勲章。, マザー・テレサの名前は知っていたけれど、具体的な活動内容や半生を知らなかったので、とても理解しやすい内容でした。では、つまらないのか?というと波乱万丈に満ちた生き方をしているので、飽きることなく最後まで観られました。, とにかく、ひたむきで「前へ」「前へ」という精神を持ち、修道女でなければ、起業家してもビジネスを成功していたような方。, その反面、夜になると祈りを捧げる、精神的に弱い部分のある人間的な側面もありました。おすすめの, 『女を修理する男』とは、コンゴ共和国を舞台に、婦人科医の、デニス・ムクウェゲ氏を通して、コンゴで起こった悲惨さを訴えたドキュメンタリー映画です。「ホテル・ルワンダ」や『マンデラ 自由への長い道』と同じようにアフリカでの出来事をきっかけにした作品となっています。, 『幸せへのキセキ(We Bought a Zoo)』とは、マット・デイモン主演で実在するコラムニストでイギリス知人のベンジャミン・ミーが動物園を購入した伝記ドラマを映画化したもの。2011年に20世紀フォックスより配給、公開されました。, 映画『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』とは、実在したチャールズ・スクリブナーズ・サンズ(Charles Scribner's Sons)に勤めていたマクスウェル・エヴァーツ・マックス・パーキンズ( Maxwell Evarts Max Perkins)を主役にした伝記ドラマです。, 『ファミリー・ツリー(The Descendants)』とは、カウイ・ハート・ヘミングスの原作をもとに、ジョージ・ティモシー・クルーニー(George Timothy Clooney)が主演、アレクサンダー・ペイン(Alexander Payne)が監督を務めました。アカデミー賞の脚色賞を受賞しています。, 『アナライズ・ミー(Analyze This)』とは、ロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro)とビリー・クリスタル(Billy Crysta)が主演を務め、ハロルド・レイミス(Harold Ramis)が監督を務めました。, 『パレードへようこそ(Pride)』とは、2014年に第67回カンヌ国際映画祭監督週間でクロージング・フィルム上映されたイギリスの映画で、パテ、セテラ・インターナショナルの配給で公開されました。, 映画『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』鑑賞!感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ, 読書『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』読了!感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ. マザーテレサは偉大な人です。それがよく伝わって来ました。 とくに、「神様が望めば叶う。望まなければ叶わない」といったセリフは、とても印象に残りました。 映画としては、音楽も悪くはなかったし、演出もそれらしい雰囲気ができていたと思います。 短評. ホーム ピグ アメブロ. 先ほど マザーテレサからの手紙 を観ました。 マザーテレサの半生を綴った伝記映画です。 彼女の名言などは知っていましたが実際には 彼女の活動や苦悩… 生涯を貧しい人々のために働くことに捧げた マザー・テレサ。 20年近く続けた教師生活に別れを告げ、単身スラム街で働き始めたところから始まった彼女の活動は、多くの人の感動を誘います。 そして、テレサの創設した「神の愛の宣教者会」は瞬く間に世界へと広がっていきます。 マザー・テレサの遺言 感想・レビュー投稿. 「神の愛の宣教者会」を創設し、貧困層を救うための活動・施設を展開。世界規模の団体へと成長させた。キリスト教・カトリック教会では聖人の一人とされる。. いつもお互いに笑顔で会うことにしましょう。笑顔は愛の始まりですから。 Let us always meet each other with smile, for the smile is the beginning of love. レビューを見る; 作品情報; 投稿レビュー(3件) マザー・テレサは星4つ. <花>の本と映画の感想. Copyright © 2019-2020 マネーとワインと映画 All Rights Reserved. 概要. 映画『マザー・テレサ』のネタバレあらすじ結末と感想。マザー・テレサの紹介:2003年イタリア,イギリス映画。慈愛の人マザー・テレサ。神への愛に支えられ、様々な困難や偏見を乗り越えながら、弱者救済の為に突き進む彼女と仲間達の道のりを綴った真実の物語です。 映画の時間メニュー 上映中の映画 今週の新作映画 近日公開の映画 映画ランキング 映画館を探す 映画ニュース 予告編動画 動画配信作品 レビューを読む. 愛とは、大きな愛情をもって小さなことをすることです。 shizuka0130 さんのレビュー フォロー. 「マザー・テレサ」の感想・レビュー. カトリック教会の聖人。修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。ノーベル平和賞受賞。 国: 現在のマケドニア共和国 生: 1910年8月26日 没: 1997年9月5日(享年87) 【その生涯】 名言集へ行く. 下記フォームにペンネーム、評価、感想をご記入の上「投稿を確認する」ボタンを押してください。 var login_f = false; 続きをみる. 下記フォームにペンネーム、評価、感想をご記入の上「投稿を確認する」ボタンを押してください。 マザー・テレサは、世界的な愛の実践活動によって、今世紀最大の平和の使者と言われています。 ところが、彼女自身が記した書物はなく、また彼女に関するドキュメントも、そのほとんどがノーベル平和賞を受賞した1970年代に制作されたものです。 マザー・テレサに対する批判(マザー・テレサにたいするひはん)では、カトリック教会の修道女であり伝道師 であったマザー・テレサに対する批判を扱う。. 監督 ファブリツィオ・コスタ . 2003年. マザー・テレサ(2003)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 ... 映画はというと、マザーテレサの行いを箇条書きみたいに一つ一つ転々と見せられた感じで、ドラマティックな盛り上が … 「マザー・テレサ」に関するTwitterユーザーの感想。満足度100%。総ツイート1件。1946年、インドのカルカッタ。カトリックの修道院内にある女子校で教鞭をとる修道女のマザー・テレサはある日、ダージリンへ向かう途中で“貧しい人々のために尽くしなさい”という神の声を聞く。 マザー・テレサ(2005年8月13日公開)の映画情報、予告編を紹介。インドを舞台に、人々に無償の愛を注いだマザー・テレサの波乱の生涯を描く伝記ドラマ。「ロミオとジュリエ… 映画の時間では「マザー・テレサと生きる」を見た感想・評価などレビューを募集しています。. 下記フォームにペンネーム、評価、感想をご記入の上「投稿を確認する」ボタンを押してください。 途中で「マザー・テレサも宗教だな」と感じたんですが、これがもしかしたら一番端的に“この映画”を表した感想かもしれないですね。 自分たちのような人間ではなく、神に近い存在として描かれているよう … マザー・テレサの半生。. 映画『マザー・テレサからの手紙(LETTERS FROM MOTHER TERESA)』とは、実在する人物、ノーベル平和賞を受賞したマザー・テレサをモデルにした伝記ドラマです。実際にマザー・テレサから送られた手紙をもとに半生を描いており、真実味のある内容が魅力の作品となっています。ミラビ …